令和3年 節分不動護摩法要を厳法いたしました

令和3年2月2日に『節分不動護摩法要』を厳法し、新型コロナウイルスの終息や、皆さまのご祈願及び護摩供養を祈念いたしました。
護摩法要は皆様のご家族様やご自身の1年間の願いを込めた護摩木を火にくべ、ご供養を唱えさせていただく当苑の大切な行事です。
毎年たくさんのお客様にご参加いただいておりましたが、
今年はコロナウイルス感染防止のため当苑僧侶とスタッフのみで執り行いました。
当日の様子を、撮影した写真で振り返らせていただきます。


【会場の様子】


【護摩法要 護摩木祈祷】


【護摩法要 祈願札祈祷】

お名前や祈願内容を読み上げながら住職が焚いた火に祈願札を通し、
護摩木は直接火にくべてご真言を唱え続けます。
僧侶たちの大きな声と力強い太鼓の音が本堂中に響きます。


1日もはやく平穏な日常が戻りますよう、お祈り申し上げます。